怒りのコントロール

Pocket

誰かに殴られたり、悪口を言われたり、嫌がらせをされたりしたら、

きっと怒りの感情が湧いてくると思います。

 

それは本能であり、自然な感情です。

 

ただ、社会生活をする上では、

怒りをそのまま表に出してしまうと

色々とまずいことになります。

 

いじめを解決する上でも、

怒りに振り回されていては

状況を改善するのが難しくなります。

 

とはいえ、怒りは強力な感情です。

分かってはいても実際に制御するのは簡単ではありません。

 

私もいじめられていた子どもの時は、

よく怒りが沸き上がってきて、

短気を起こすこともしばしばでした。

あと、よく泣いてた(笑)

 

それで、怒りへの対処法なのですが、

まず、思いつくのが怒りを無理やり抑え込んで我慢することです。

 

確かにこの方法は手っ取り早いかもしれませんが、

ストレスも大きく、精神面に良くないです。

 

うまくストレスを発散できず溜め込んでしまうと

病気になることもあるし、

ある時溜まった怒りが暴発する恐れもあります。

 

そのため怒りには別のアプローチが必要です。

その方法は、

怒り(感情)よりも思考に意識を向けることです。

 

怒りで頭がいっぱいの時は、冷静な判断が難しくなります。

これは意識が思考ではなく怒りに囚われているからです。

 

怒りを感じた時こそ、思考に意識を向けてください。

この時何を思考したらいいかというと、

現状認識です。

 

今自分の置かれている状況。

何に自分は怒りを感じたのか?

また、それはなぜなのか?

相手はなぜそんな事をしたのか?

 

といったことを考え、識別できれば、

怒りではなく思考で状況に対処できるようになります。

 

怒りとはそもそも困難な状況に対処するための精神状態です。

攻撃的になることで問題を解決しようとします。

 

大昔ならこの本能はうまく機能していたでしょうが、

現代はそのころと環境が違います。

 

攻撃的になったところで状況がさらに悪化することも多々あります。

 

現代人にとって怒りのコントロールは社会生活を送るための

必修科目と言えるかもしれません。

 

私も完全に怒りをコントロール出来ているわけではありませんが、

子どもの頃に比べれば怒りに支配されることがずいぶんと無くなりました。

 

怒りを感じた時こそ成長のチャンスと思って、

意識を思考に向ける訓練をしていきましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。