いじめられた過去をどう捉えるか?

Pocket

いじめというとネガティブなイメージがあります。
確かに、修復不可能な傷を負ってしまったり、
自ら命を絶ってしまう方もいます。

そこまででなくても、
多くのチャンスを失い、
失意の人生を送っているようなケースはたくさんあるでしょう。

 

しかし、その一方で、
いじめられた時期を耐え、
今は普通に幸せな生活を送っている、という人もいますし、

さらに、いじめられた経験を機に大きく成長し
より活躍して成功していった人もいます。

では、いじめられた後に沈んでしまう人と
いじめられた経験をむしろ利用して大きくなる人は
どこが違うのでしょうか?

 

その一つは、
受け入れる、ということです。

いじめで不幸になる人は、
「なんで自分だけいじめられなきゃいけないんだ!」
「悪いのはいじめる方じゃないか!」
「私をいじめたあいつだけは絶対に許さない!」
「こんな人生もう嫌だ・・・」

と、こんなふうに考えてしまいます。

これは自分の身に降りかかったことを受け入れられていない状態です。

あ、今こんな感じだという人も大丈夫ですよ。
私にもこんな時期ありましたから。

 

一方で、いじめられても乗り越えられる人は
いじめを受け入れることができます。

受け入れる、と言っても
「いつまでも自分をいじめてもらって大丈夫ですよー」
と言うわけではありません。

そうではなくて、
自分はいじめられた
という事実を冷静に受け止める、ということです。

これが出来ない場合、
自分の悲運を嘆くことにエネルギーを奪われてしまい、
どんどん人生の流れを変えるための力が出せなくなり、
さらに不幸になっていってしまいます。

逆に、いじめを受け入れることが出来た場合は
エネルギーが残っているため、
それを使って自分を成長させたり、
いじめられている状態を抜け出すための活動に充てることができます。

ではなぜいじめを受け入れることが出来ない人がいるのか?
それは、その人達はいじめの悪い面しか見えていないからです。

いやいや、
いじめの悪い面”しか”って言うか
実際いじめって悪い出来事じゃないか!
っていう意見もあるかと思います。

別に私もいじめの悪い側面を否定しているわけではありません。
私もいじめられていた時期はつらかったですし、
よく泣いてましたし。

でも今ではいじめられて良かったなと思っています。

なぜそう思えるかというと、
いじめられたことで私の才能がいくつも目覚めたからです。

人の才能が目覚める方法には2パターンあって、
一つは、自分の好きな事に没頭している内に能力が磨かれるパターン。
もう一つは、つらい経験を通して才能が目覚めるパターンです。

そう、つらい経験からも実は成長できるのです。
ただ、つらい経験を活かすには準備が必要です。
その方法の一つが、受け入れるということなのです。

 

私の場合、いじめを受け入れられない時期が結構長かったのですが、
長いいじめ期間の間にたくさんの才能が磨かれました。
一部の例を挙げれば、
物事を深く考えられるようになったり、
読書の習慣ができたり、
メンタルが鍛えられたり、
といった具合です。

それに才能だけじゃなくて、
親の愛情をたくさん受け取る経験をしたり、
世の中の厳しさを知ったりしたのも、
いじめられた経験があってこそです。

その後の人生を見ても、
あそこでいじめられていなければ
ここまで大きく成長できなかったと思います。

いじめられた経験だけ切り出してみたら本当にひどい目にあったと思いますが、
その影響は決して悪いだけのものではなく
より長いスパンで見たら、むしろ良い方向に向いていたのです。

 

人生、生きている中で
つらい経験が、後になってみたら良い経験だった
なんてことがよくあると、
つらい経験も自然と受け入れやすくなるものです。

以前いじめられた経験があるという人は
その時に何か自分の才能が磨かれていないか考えてみてください。
また、才能じゃなくても、なにか良い経験をするきっかけになったりしていないか
思い返してみてください。

そこで何か見つかれば
いじめられたあの経験はむしろプラスだったかも
と思えてきます。

そうなったら、
過去と現在が繋がって、
自分の人生がより力強いものに生まれ変わります。

 

また、今現在いじめられているという人は
これは自分の才能を磨くための修行をしていると捉えてみてください。

そうすれば今いじめられた分は、
後でより大きくなって自分に恵みをもたらしてくれます。

別に限界まで我慢する必要なんてないですし、
泣いちゃっても大丈夫です。

でも、未来を信じて今を受け入れる
という姿勢でいることは大事です。

これはいじめを解決する上でも重要な考え方なので
よく考えてみてください。

Pocket