ドラえもんから学んだこと

Pocket

今日はある人から勧められて

「STAND BY ME ドラえもん」という映画を観ていました。

 

話の流れは、

 

のび太がいつものようにだらしない毎日を送っていると

未来からせわし君(のび太の4世代後の子孫)とドラえもんがやってきて

このままだと悪い未来(ジャイ子と結婚, 貧乏生活)が待っている

と告げられます。

 

せわし君はドラえもんのプログラムを書き換え、

のび太が幸せになるまで未来に帰れなくしてしまいます。

果たしてドラえもんはちゃんと未来に帰れるのか・・・

 

普段のアニメでは忘れられがちな、

ドラえもんに課せられた役割に焦点が当たっています。

映画の中では様々なハプニングが起こるのですが、

大きな流れとして、脱「ドラえもん」というのがあると思います。

 

最初はドラえもんの道具でしずかちゃんを振り向かせようとしますが、

途中で、道具ではなく自分自身を好きになってもらえなくては意味がない

と気付きます。

 

自分を変えようと思うところから成長が生まれます。

だから、ドラえもんに依存するようになると

ますますダメになってしまうのです。

そこで、のび太は自分の力で物事を成し遂げようと

頑張りだします。

 

のび太のモチベーションのもとは、

未来の様子をのぞいたことで

しずかちゃんと結婚する未来が本当に来ると信じていることです。

 

自分次第で未来が良くなると確信しているから

変化を起こせるようになります。

私達は何年も後の未来を知ることはできませんが、

なんとなく想像はしています。

 

このまま現状維持でいくと大体こうなる。

これが、のび太が最初に描いていた未来。

 

それか、自分の望む素敵な未来。

こっちはしずかちゃんと結婚する未来。

どちらの未来によりリアリティーを感じるかで

未来はその方向へ動いていきます。

 

しずかちゃんと結婚できると知っているなら、

それにつながるような選択肢をとることに抵抗がなくなるからです。

この人が運命の人だ!って分かったら

なんとかして関係が深まるように

外見を磨いたり、相手と同じ習い事を始めてみたりといった

普段ならしないような事もできますよね?

だから、自分の望む未来にリアリティーを感じてください。

もしできるなら一日だけでもその生活をしてみるといいです。

 

PS,

子どもの頃は気にならなかったんですが、

大人になってドラえもんを観ると

しずかちゃんの事がある意味気になるようになりました。

今回の映画では、なぜ出木杉君でなくのび太を選んだのか

に対する回答が述べられていたのですが、

出木杉君はなんでも一人で出来るけど、

のび太さんは放っておいたらどうなるか、ハラハラしちゃう💛

だそうです・・・

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。