いじめから身を守るための城

Pocket

いじめから身を守るのに、個人の力だけでは限界があります。

そこで味方の存在が重要になります。

 

これには戦国時代の城の話がヒントになると思います。

 

城というとお殿様が住んでいるところと思われますが、

それは平和な江戸時代の話で、

戦国時代の城は軍事要塞でした。

 

戦国時代に城がたくさん築かれたのは、

戦を有利に進めるためです。

 

野戦だと、人数が少ない方が不利になります。

しかし、平時に資源を使って築城しておけば、

戦になったとき戦力になります。

 

築城位置、敵が攻めてくる方向、敵の規模、使用する武器の種類、味方の兵数などから、

状況に合わせてオリジナルの城を築きます。

 

しかし城は物理的な城だけではありません。

 

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

 

これは戦国武将、武田信玄の言葉です。

 

人は城である。

これは城の本質である、

平時の余裕がある時から準備をすることを、

人間関係に応用したものです。

 

日頃の人間関係を大切にしていれば、

いざというとき友達が助けてくれます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。