テムジンの由来

Pocket

テムジンという名前には何か由来があるんですか?

と質問されることがあります。

 

実はこれはある人物からとった名前です。

私が尊敬する人物の一人。

世界史上最大の規模であったモンゴル帝国

その創始者チンギス・ハン。

テムジンはチンギス・ハンの小さい時からの名前です。

さすがにチンギス・ハンを名乗るのは気が引けましたが・・・

 

なぜ私がチンギス・ハンが好きなのか

理由はたくさんあります。

まず、彼は実力であそこまで大きな存在になったことです。

彼の父は有力者でしたが、

テムジンの少年期に急死してしまいます。

父の配下だった者たちはテムジンの家族の元から去っていきました。

まだ若いテムジンはたった二家族の長として

細々と羊を飼いながら生活するのですが、

途中で他部族の襲撃に会い、妻を誘拐されます。

 

という普通以下の状態から

知恵をしぼって勝ち上がり、

最後には大帝国を作り上げます。

 

チンギス・ハンの長所は何と言っても情報の取り扱いがうまかったことです。

周囲の情報を集めるために行商人や旅芸人を積極的に利用し、

自分のスパイとして使っていました。

 

また、組織の在り方を大胆に改造したり、

経済システムを作り上げたりと、

変化を遂行する力を持っていました。

 

細かい話をしだすときりがないので、この辺にしておきますが

チンギス・ハンは成功すべくして成功しており、

先天的な能力だけでなく、改善を継続的に行ってきたことが

大きな勝因だと言えます。

チンギス・ハンについてはまたどこかでお話しできればと思います。

 

PS,

チンギス・ハンも使っていた、モンゴルの伝統的移動式住居「ゲル」

に宿泊できる施設が栃木県にあります。

テンゲルという施設なのですが

この前友人と行ってきたら、

馬頭琴の演奏を聴いたり、満天の星空を眺めたりしてすごく楽しかったです。

家族連れの方も多くて、モンゴルの民族衣装を着て写真を撮って

はしゃいでおられました。

機会があればぜひ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。